北海道 二代目ゆず


by momosukemama

カテゴリ:日常( 67 )

そわそわ、いらいら

この時期は落ち着かない。

タイトル「ひっこし犬」通り、引っ越しになるのか?ならないのか?
落ちつかない程度ならいいが、ストレスでいらいらしてくる・・・・
聖書に「この世の生活は天幕(テント)暮らし」という言葉が出てくるけれど、
ちょっと意味がちがうが、言葉を地で行く生活です。泣
もういいかげんやめたいひっこし&天幕生活。

ももは引っ越しのたびにお腹の調子が悪くなりました。
お調子者の割には、ビビりのゆずはどうなる?
[PR]
by momosukemama | 2013-03-18 11:16 | 日常

吹雪と犬

富良野はものすごくふぶいています!
あらら?まったく感じの出ない写真に・・・・むずかしいわ~(^_^;)
d0258236_15123087.jpg

風も強いので、風によってできた吹きだまりの芸術作品があちこちに。
d0258236_15125367.jpg

d0258236_1512429.jpg

人間は雪かきばかりでうんざりです、今日はすでに3回目(^_^;)
ウキウキして脇にいるのはゆず、大満喫。歌にあるほどですからなぁ
いたるところに音譜が飛んだ雰囲気が出ています。
「♪なにかある~ホリホリ」
d0258236_1513730.jpg

d0258236_15132231.jpg

ここに住んでもいい?だめ!
d0258236_15133444.jpg

「♪おわったの?♪まだ帰らないから~♪」はいはいあ~腰イタ。トントン
大変な除雪仕事の一服の清涼剤でした(笑)
[PR]
by momosukemama | 2013-03-02 15:30 | 日常

得意不得意

わたしは、
まわりから見ると、お年寄りを病院に連れていったり、
倒れたお年寄りを介抱したり、することは得意なことで、
いろいろ面倒見てくれるだろうと思われている節がある。
しかし、他人の命を請け負うことになるので、大変な負担になる。

実際
本人はよくわかっていないけど限界を感じて、病院に連れて行ったら、
あとから裏で文句ばっかり言ってたとか(行かなきゃ今頃どうなっていたのかわからない)
そのことをよくわかってない家族に連絡までしなきゃならなくなる。
よくなっても、本人は他人にそのことを言って、私には教えない。
「緊張してたいへんだったわ」といってもまわりの人は、
「そんなこと、なんだってさ、得意でしょ」と言われる始末。

この役割をそれでもしなきゃならないですか?
ずーっと悩んでいる大きな課題です。
ほっとけない性格なんだけど・・・・・こんなことありませんか?
[PR]
by momosukemama | 2013-02-12 10:54 | 日常

すっとぼけ

お気に入りのブログをみていたら、、ポルカちゃんのお父さんがインフルエンザになった。
大人のインフルはたいへんだろうに・・・とコメントを書いたら、
去年の2月だった(^_^;)あらま・・・・・・なにやってんだかもう・・・ため息・・・

最近毎日、大掃除しています。
ふだんしてないのがたたって、(^_^;)腰が痛い。
どうやると家じゅうを効率的で、身体が守られながらできるか?
なんて、小難しく考えながらやってるもんだからさぁ

すっとぼけたよ(泣)

ほら!ゆずのこと怒ってばっかりいて、てんぱってるからぁ
ゆずがこっちをじーっと見てました。
[PR]
by momosukemama | 2013-02-08 11:39 | 日常

心不全

先週から、牧師夫人が心不全で入院中。
ほおっておけなくて、病院受診からつきそってます。
精神的にペースメーカーが気になると言っていたはずが、
はっと気付くと、むくんでる・・・

1週間でどっと全身の水がひけて、ほっとしたり、ぞっとしたしたり。
こわいですね、お年寄りはガクッと悪くなっていく。

自分の両親も気をつけなきゃ(^_^;)
[PR]
by momosukemama | 2013-01-30 12:57 | 日常

首都圏の大雪の日

1月14日(月)
午後2時ころ、静岡での用事が済んで、夕方羽田からヒコーキで帰るつもりでした。
雪の事は全く知らずに新幹線が新横浜に泊まった時、・・・・北海道?!
d0258236_174835100.jpg

天気予報が当たったんだ・・・・・(^_^;)(^_^;)おいおいどうするよ!

首都圏の雪はテレビで見て「ああ~大変だねぇ」というもので
まさか12年ぶりの大雪と、7万人分の2に自分がなろうとは思いませんでした。

新幹線を降りると、品川駅切符売り場には先の見えない大行列。スイカさまさまりがたや~と思いつつ
京急は空港につながっておらず、浜松町でモノレールに乗り、羽田へ。

第1はホテルとり、
インフォメでホテル情報もらって、「品川、東京周辺は取りにくくなっておりますとほかのお客様が・・・」
と聞いたので、おススメの「新宿駅直結と書いてあります!徒歩で行けます!」(後々に東京人と北海道人の違いを痛感する)のホテルをとり。

第2はあす以降の航空券とり。
わかっちゃいるけど航空カウンター前の大行列を見ると、ダンナは真っ白になっているし、
「ひとりでも早く並びたい~!!!」と、アドレナリンどーっ!!!!音をたてて流れ出る。
なーんていやしいんでしょ(泣)なさけなくなるわ・・とほほ(^_^;)祈れってば神様に。

鬼の顔して並んでいるうちに、だんだん落ち着いてきて、
明日の航空券はケータイで取れるが、電池が心もとない、ここで電池切れはありえない。電池も売り切れ・・・
そこで、頼りになるダンナの義兄と姉を思い出し、
「どこでもいいから」とお願いして、翌日夕方の札幌便をあと2席のところでとってもらいました。
ホッヾ(@^▽^@)おにいさん、おねえさんありがとう~
やっと笑顔になって、払い戻しは今でなくてもよいことがわかり、ホテルに向かいました。

ところが、新宿駅に着いてからが一苦労。
新宿駅直結、地下通路徒歩20分
歩く時間の感覚がちが~う!!北海道ではこんなに遠いと、直結なんて言わないぞ~泣
ここで東京人の辛抱強さを、思い出したのでした。泣
よれよれになって、わかりにくい地下通路をダンナに手をひかれて歩き、やっとの思いでホテルについて、
テレビを見て、事の全貌を知ったのでした。

1月15日(火)
今回の飛行機チケットをうけとるのには、空港カウンターに並ぶしかありません。
空港の中は座る場所もないほど。

北海道方面出発のカウンターに並んでいると、♪「西日本方面のカウンターがすいております」と放送が!
ダンナを残し、またも鬼の顔して猛ダッシュ!ずいぶんすいてて、1時間ほどで手続き終了♪
おまけにプレミアムシートしか取れなかったので、初体験のラウンジ待機ですよ~(*´▽`*)
このつらい時におまけ気分!(ほんっと、おにいさんありがとうございます~涙)
ところが、
これで帰れると喜んでいたら、B787トラブルのため機体変更で、出発が1時間半遅れ。
この日も札幌泊りになりました。

1月16日(水)
2日遅れで富良野に帰りついたら、
ゆずはひとまわり大きくなって大喜びで、じじちゃんばばちゃんとお留守番しておりました。
両親に頼んで行ってよかった(*´・ω・`*)ほっ、ありがとう~

読んでくださった皆様、ながながと、おつき合いありがとうございます。
疲れはどっと土曜日にやってきました(笑)

[PR]
by momosukemama | 2013-01-22 18:25 | 日常

クリスマス準備中の惨劇

クリスマスは教会へどうぞ~

d0258236_21104987.jpg
d0258236_21103991.jpg

フラノの教会は昨日終わりました。
本来なら、お招きしたいのに、投稿する余裕がない!
なんじゃそりゃ?いいわけですな・・・byとうちゃん
d0258236_21122933.jpg

ごちそうを持ち寄ってお祝いします。準備に必死のかあちゃん、いいにおいで、ゆずまでうきうき、クンクン♡
d0258236_21114142.jpg

ところが突然
ぶわっつ!キャイン、キャイン、キャイ~~~~~ン
ミキサーのお掃除に、ぬるま湯を使ったのが、悪かった・・・・
ちょっと回したとたんに吹き出した!
足元にいたゆずは、目にもとまらぬ早業でにげおおせ、無事だった。ほ~っ(^_^;)よかった・・・

しかし、本犬にとっては、生まれて初めての大惨事!
キャンキャンパニックになり、一番安全なケージにドカンととびこんだ。
「かあちゃんは今信じない」の目
d0258236_21111871.jpg

「ふ~っ・・・・・死んじゃうかと思った・・・」と言いたいでしょう。
d0258236_21112967.jpg

「もう大丈夫だからでておいで~」の犬なで声にも全く信用せず。(そりゃそうだわな・・・)
出てきたのは夕ごはんの時でした。それでも安全のため、テーブルの下(^_^;)
d0258236_21115751.jpg

ごめんよ・・・かあちゃんはそこつなの(^_^;)
[PR]
by momosukemama | 2012-12-24 21:50 | 日常
ひーっつ!
信じられない寒さってか、痛さ。

d0258236_19592371.jpg

d0258236_20052.jpg

冬は晴れてほしいけど・・・ものすごく寒くなるからなぁ
d0258236_19593889.jpg

最高気温はマイナス18.4℃
車のヒーターは屁のつっぱりになりません。出かけないに限る!
歩いて5分のところに買い物に行ったら、喘息になりました。ごほっ!
[PR]
by momosukemama | 2012-12-24 20:07 | 日常

さみしい冬はきびしい!

斉藤さん(ペットファミリー斎藤@永山)とこの、だいずにこいぬたちが生まれました!
4頭のうち、2匹のめすのどちらかに「うちに来ない?」と誘ってます。
だいず色のだいずさん♡
d0258236_1434028.jpg


誕生1ヶ月1週間目。
ちゃんとカメラを向いておとなしく映ってくれてます。まだよくわかりませんという感じのころ。
d0258236_14212563.jpg


誕生1カ月2週間目。
大きさの違いはわかりにくいですが、捕まえて写真を撮れるくらいです。
つかまえたり、抱っこしたりしていると落ち着いてきます。
d0258236_14251317.jpg

d0258236_14262896.jpg

誕生1カ月3週目。
まず、つかまらない、つかまえられない、靴ひもはかじられる、足首にはかみつく、コンデジでは写せない。
つかまえてても、まともに撮れてない・・・・
d0258236_1433013.jpg

1匹1匹が台風のようにびゅんびゅん動き回り、4匹にいちどに遊んで~とおそわれます(笑)
このちびすけは、この後飛び降りました。
や~~っとおばさんと捕まえて、ケージに入れたらお座りしました。パチリ。ふうぅ~~~(^_^;)
写真で見るとおとなしそうに見えますが、おばさんに「だして!!」と目がせがんでいます
d0258236_14345240.jpg

うちに来るのは誰なの?わからなくなるほど変わってます(^_^;)

14年まえ、ももがうちに来た時のことを思い出したわ!
ももの娘がやって来ます。
さみしさひきずってますが、台風が1週間後にやってきます。
[PR]
by momosukemama | 2012-11-17 15:12 | 日常

いないということ

 門の塀の上に前足を乗せてわれわれの帰りをまっているハラスがいた。

郵便物が多い関係から普通より大型の郵便受けをつけている。
その郵便受けの上に身体を乗せ、前足を門塀にもたれさせかけて、
しつこく何時間でも帰りを待っているのである。

いじらしいというか、人間ならば決してしそうにないそういう「待つ」態度そのものが、
どんなにわれわれに「待っているものがいた」喜びを与えていてくれたか知れなかった。

彼が私たちの足音に耳をとがらせ、私たちを見るなりそこから飛び降りて迎えに出るとき、
全身からあふれでるその安堵の情が、私たちの気持ちをゆすった。

 ハラスの死後、門先を掃除している妻に見知らぬ老婦人が声をかけ、犬の消息をたずねたことがあった。
妻が死んだことを告げると、「門の上に足を乗せて待っていた姿は、
私どもが見てもほほえましくなりましたわ」と言って懐かしがったそうである。

そういう意味でも彼は我が家の一員なのであった。

引用「ハラスのいた日々」中野孝次


ももを失ったことを表現しきれず、我がことながら、わかりきれないジレンマは、
大変わかりやすく、この本に書いてありました。
犬を失ったことが書いてある本はたくさんありますが、古い本ですが、文学者の表現は感動しました。
[PR]
by momosukemama | 2012-11-05 10:22 | 日常